神戸新聞に掲載していただきました

取材というものを、今の環境になってからはじめて受けました。
恐れ多くも、神戸新聞です。

(見た方からは多数ご連絡いただいたりしましたが、何日のどのコーナーかは内緒です…)

てくてくとして書いた新聞掲載の記事はこちら

興味を持ってもらえるのは、自分の今していることが誰かの目にとまっいるからで、それはとてもありがたいことだと思うのですが、いろいろ曖昧で、自分でも自分のことがよくわかっていないです…。

質問されてみて、改めて感じるのは、「これ!」という目標がないこと。
てくてくをどうしたいのか、OTETEをどうしたいのか。
あまり考えていません。

お金が嫌いなことはもちろんないですが、お金をたくさんどこかからとって稼ごうとも思っていません。
(生活で超苦労はないですが、家が裕福で余裕だから、ということではないですよ!)

少しはみんなの役にたてばいいなー、がんばってるあの人を応援したいなー、というのはあります。
でも社会貢献がしたい、誰かのために… といった美しいことを胸をはって言えるほどでもないし。

情報を紹介するメディアで広告やお金をとりだすと、どうしても偏ってきてしまうと思います。
姫路にもいくつかフリーペーパーはありますが、どれも住宅系の広告ばかり!
あと多いのは美容室とかエステとかの美容系。
それらを読んでいてつまらない、とはじめたのが「てくてくひめじ」です。
なので、記事広告などは予定していません。

OTETEののほうは、お手伝いさせてもらいながら、リハビリ、修行、学習中です。
今後デザイナーと名乗っちゃうようなことはないですが、そう名乗る方々に少しでも近づけるようにと、日々活動中です。
なのでお手伝い価格でやらしてもらっています。
プロでもないOTETEに依頼される方はすごいな勇気ありますし、大変ありがたいです。
その方々が後悔したりしないように、お手伝いさせてもらっています。

今までやってきたこと全てがあって、WEBをつくったり、印刷物をつくったりのスキルにもなっているし、今やっていることがどこかで終わってもそれも絶対無駄にはならない。

今お金がいっぱいにならなくても、だからいいかなーと思います。
てくてくやOTETEもいつまで続けるか、とかの目標もなく、見切り発車で始めたように、突然終わるかもしれませんが、それもいいかなーと思います。

とても充実しすぎなほど、充実しています。
たまに寝不足になるほどですが…。
それで十分です。